MYLABのオンライン体験レッスン(オリジナルゲーム制作)

MYLABでは、自分だけのオリジナルゲームを制作するオンライン体験レッスンをご提供しています。教室で行うロボット・プログラミングの体験レッスン同様、お子様たちにとても楽しんでいただける、大変人気のレッスンです。

 

遊びながらゲームを分析する

オンラインの体験レッスンでは、ビジュアルプログラミングツール「Scratch」を利用します。シューティングゲームを題材に、オリジナルの要素を加えて自分だけのゲームを制作します。

体験会では、まず、題材となるシューティングゲームで遊んでもらいます。「遊ぶ」といっても、ただ遊ぶわけではなく、ハイスコアを取るための戦略を考えながらプレーしてもらいます。

ハイスコアを取るためには、敵の攻撃に当たらずに、どうしたら相手を攻撃できるのかを考える必要があります。そのために、ゲームがどんな要素で構成されているか、どんな特徴があるのかを観察してもらいます。

ゲームには裏技が仕込まれていますので、その裏技を探すことにも挑戦してもらいます。そして、この後の制作のプロセスでは、お子さまたちにその裏技を創る側にまわってもらいます。

子どもたちの頭が動き出す問い

次に、実際にゲームを制作していきます。はじめてのお子さまも多いので、ゼロからゲームを制作するのではなく、ある程度形になったゲームを改造して、オリジナルのゲームに仕立てていきます。

はじめてプログラミングにふれるお子さまも多いので、Scratchの基本的な操作方法やプログラムの意味についてゲームを実際に動かしながら学んでいきます。ただし、MYLABでは、「このプログラムはこういう意味で、これを使うとこういう動作になるよ」という教え方はしていません。

実際にプログラムを少しずついじりながら、ゲームにどのような変化がおこるのかメンターと一緒に確認します。それによって、お子さまたちは、プログラミングを頭で理解するのではなく、体感しながら理解していきます。

改造する元のゲームは、10秒という制限時間がついています。ここでメンターがお子さま達に問いを投げかけます。

「10秒でもっとたくさん得点を取るためには、どんな改造をすればいいでしょう?」

この問いを解決するために、お子さま達の頭が働きはじめます。

お子さま達はどうすれば効率よく多くの点が取れるのかを一生懸命考えます。得点を取る方法は一つではありません。自分の機体を改造する、ビームを改造する、敵の動きを改造するなど、お子さまによって解決の仕方は様々です。

こうして、それぞれが考えたアイデアは、メンターのサポートを受けながら、お子さま達自身の手で形にしていきます。

ここでは「少し作ったら動かしてみる」をおすすめしています。実際にゲームを動かしてみることで、初めて気づく新しいアイデアを思いつくことが多いからです。

完成したオリジナルゲームを自慢する!

ゲームが完成したら、保護者の皆様にも遊んでもらいます。

また、ゲームを創ることだけではなく、表現力も磨くことを意識しているMYLABでは、お子さま達に、自分のゲームを自慢するつもりで「こだわったところ」や「難しかったところ」、「更なる改善のアイデア」を発表してもらいます。

こうしたトレーニングを積んでいくことで、お子様たちのプレゼンテーション能力も磨かれていきます。

【オンライン】ゲーム・プログラミング体験会日程

こんな体験を、ぜひ多くのお子様たちに経験して頂きたいと考えています。

オンライン体験会は以下の日程で開催しています。

・10月11日(日)10:30~12:00
・10月11日(日)14:00~15:30
・10月17日(土)10:30~12:00
・10月17日(土)14:00~15:30
・10月18日(日)10:30~12:00
・10月18日(日)14:00~15:30
・10月24日(土)10:30~12:00
・10月24日(土)14:00~15:30
・10月25日(日)10:30~12:00
・10月25日(日)14:00~15:30

体験会のお申込み

体験会への参加をご希望の方は、以下のフォームより、お申込みをお願い致します。
後ほど担当者より日程調整のご連絡を差し上げます。