中目黒駅徒歩3分。お子様に合ったカリキュラム無料相談対応

Scratch(スクラッチ)

【厳選3選】子ども向けプログラミング学習アプリとその選び方!

近年、プログラミング教育は今までにないほどに注目を集めています。実際に、2020年度から小学校でのプログラミングが必修化されました。

「学校外でもプログラミングを学ぶことによって、授業についていけるようにしたい」「持っているタブレット端末やPCでプログラミングを学ばせてあげたい」と考えていらっしゃる保護者さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、App StoreやPlay Storeで子供向けプログラミング学習アプリを検索しても、ヒットする件数が多すぎて、どれが優良なものなのか分かりにくいですよね。

そこで本日は、タブレットやPCのアプリでプログラミングを学ぶ際のメリットやデメリット、また、プログラミング教室MYLABのカリキュラム作成者監修のもと、プロの目線から、アプリを選ぶ際の基準、そして最後に、20種類以上のアプリをカリキュラム作成者が実際に使用してみて、厳選したおすすめのアプリ3選をご紹介します!

この記事を読んでいただければ、お子様にあったアプリを見つけることができます。ぜひ参考にしていただいて、保護者様が手を焼かずとも、おうちでお子様に熱中してプログラミングを学ばせてあげましょう!

子供がプログラミングを”アプリ”で学ぶメリット・デメリット

まず初めに、アプリでプログラミングを学ぶ際のメリットとデメリットを紹介します!

 

アプリで学ぶメリット

上の表に基づき、プログラミングをアプリで学ぶ際のメリットをご紹介します。

・コストパフォーマンス、手軽さ

子ども向けプログラミングアプリのほとんどは無料で使用することができ、アプリ内課金等もほとんどありません。

なので、アプリであればインターネットにつながったタブレットやPCさえあれば学び始めることができます。

まずは無料でプログラミングを体験してみたいという方は、アプリは最適です。

・保護者様のご負担の少なさ(独立性)

アプリは、保護者様のご負担が少ないのもとても良い点です。

ご負担が少ない理由の1つ目は、多くのアプリは初めて遊ぶお子様のためにチュートリアルが存在するためです。

保護者様はダウンロード・インストール等の導入さえしてあげれば、お子様が自分で学ぶことが可能です。

理由の2つ目は、保護者様のプログラミングについての予備知識が必要ないという点です。
もちろんプログラミングについての知見がある保護者様の場合は、お子様にご指導いただくことで学びが加速しますが、知識がなくても「お子様と共に楽しみ、学ぶ」というスタイルで学習を進めていくこともできます。

・自主性や問題解決能力を高められる

アプリで学習すると、お子様の自主性や問題解決能力を高めることもできます。

アプリでプログラミングを学習されるお子様のほとんどは、自主的に様々な媒体から知識を吸収し学んでいきます。

わからないことがあったらGoogleで検索したり、書籍を購入して参考にしたり、ほかの人の作品をみたりして解決していきます。

この「自主的に調べて、問題を解決する能力」は、プログラミング学習で得ることのできる最も重要な能力の一つと考えられています。

書籍では、調べなくても本の中に解決方法が乗っていることがほとんどなので、この能力を伸ばすのは難しいでしょう。

また、先生(メンター)がついているプログラミング教室の場合も、先生(メンター)からヒントを貰う等するため、アプリでの独学には勝りません。

アプリで学ぶデメリット

続いてデメリットについて紹介します。アプリで学ぶのはとても手軽ですが、手軽さゆえのデメリットが存在します。

・継続しにくい

アプリで学ぶことのいちばんのデメリットはやはり継続することの難しさです。

最初は新しいアプリを触っているので物珍しさで楽しそうに学習しますが、早いお子様だと数十分で飽きてしまうことも多いです。

飽きてしまう理由は、「何をしていいかわからなくなってしまう」という理由が多いです。

プログラミングでは、何か作りたいものがあって、初めて手が動き出します。何も作りたいものがない時に、この「何をしていいかわからなくなってしまう」という状況に陥ってしまいます。

また、一度飽きてしまうと興味を再びかきたててあげるのは難しく、「プログラミングやったことあるけど、楽しくないよね」とプログラミング自体に興味をなくしてしまう可能性もあります。

実際に、アプリで一人でプログラミングを学び始めて、自主性をもって学び続け、自分でゲームなどの作品を作れるようになるレベルまで達するお子様はごく一部です。
友達と一緒に学んだり、プログラミング教室等に通わせたりしないと、アプリで学び続けるのは難しいでしょう。

・知識が定着しにくい

アプリでプログラミングを学んでいると、プログラミングに関しての知識を定着させるのは難しいです。

理由は、今お伝えした通り、アプリでのプログラミング学習には、継続の難しさという大きな障壁があるので、「遊び」で終わってしまうことが多いからです。
「遊び」で終わってしまうとゲーム作成やアプリ作成の知識の定着は見込めず、学習効果の低い結果に終わってしまいます。

やはり継続して学び、知識を定着させるには、学校やプログラミング教室等の教育機関で学び続ける必要があります。

どんな子がアプリでの学習に向いているの?

今までのメリット、デメリット踏まえて、どんなお子様がアプリでのプログラミング学習に向いていて、どんなお子様が向いていないのでしょうか?

結論から申しますと、

  • プログラミングを学びたがっているお子様
  • モノづくり(ブロック・年度遊び、お絵描きなど)が好きなお子様
  • わからないことを自分で調べることができるお子様

は、アプリでのプログラミング学習に向いています。

前提として、アプリでのプログラミング学習を継続していくお子様の多くは、基本的には誰にも教わらず、自分で調べたり、他の人が作った作品を見たりしながら学習を進めていきます。

そのため、「プログラミングを学びたい!」「プログラミングで何か作ってみたい!」という考えをお持ちのお子様や、普段からGoogle等の検索サービスで分からないことを調べているお子様は、継続して学ぶことが難しいアプリでの学習でも継続することができます。

反対に、そこまでプログラミングに興味がなかったり、モノづくりが好きではなかったりするお子様や、分からないことを調べることが苦手なお子様には、保護者様の協力なしではアプリのみでプログラミング学習を継続することは難しいです。

子ども向けプログラミングアプリを選ぶときの3つの基準

 

遊び感覚で楽しめるアプリを選ぶ

まずは「プログラミング」という得体の知れないものへの抵抗感をなくすために、遊び感覚で楽しめるアプリを選びましょう。

理由は、遊び感覚で楽しめるアプリでは、自分の好きなことをして好きな作品を作ることができるので、楽しみながら継続してプログラミングを学ぶことができるからです。

お子様が新しいおもちゃを触るとき、まず最初に保護者様に遊び方を聞いたり、説明書を呼んだりしませんよね。ほとんどのお子様が、まずは興味の赴くままに触ってみるでしょう。分からないことが出てくるので、それを親に聞いたり、説明書を読んだりして解決し、新しいおもちゃへの理解を深めていきます。

「勉強感」「教えられている感」が強いアプリは、言わば先に説明書を読ませてからおもちゃを与えるようなものです。

これだと、プログラミングの楽しさに気が付く前に、説明書を読む苦痛から、お子様はプログラミングを「つまらないもの」と認識していまい、すぐに飽きてしまいます。

初めてプログラミングを体験するお子様には、遊び感覚で楽しめるアプリを選んであげることをお勧めします。

プログラミングの学習度合・発達段階に合ったアプリを選ぶ

お子様のプログラミングのレベルや、発達段階にあったアプリを選んであげましょう。
これは、プログラミング学習を継続させる大事なステップです。

難しすぎるアプリを選んでしまうと、お子様にとってプログラミング学習は辛いものになってしまいます。

子どもがプログラミングを学ぶ際の大きい障壁は、タイピングと英語です。

PCや英語に慣れ親しんでいないお子様にとって、キーボードと英語を駆使しながらプログラミングを学習するのは難しいです。

プログラミング未経験から文字ベースのプログラミングを学ばせようとすると、小学生のお子様では、ほとんどの方が途中で挫折してしまします。

近年の子ども向けプログラミングアプリでは、ブロックプログラミングやビジュアルプログラミングと呼ばれる、英語やキーボードをほとんど使わないプログラミングのスタイルがほとんどになっています。

初めてプログラミングを学ばれるお子様には、視覚的にプログラミングを学べるアプリを選びましょう。

ユーザー(使用者)の多さ、コミュニティの大きさで選ぶ

プログラミングアプリ「スクラッチ(Scratch)」の例

ユーザーが多いアプリを選んであげると、お子様はより継続してプログラミングを学ぶことができます。

この理由は、ユーザーが多いアプリでは、見本が多いからです。

プログラミングを学習する際、他の人が作った作品は、お子様たちにとっては見本となり、お子様たちの学習をサポートします。

ユーザーが多いとコミュニティも活発になるのが常ですが、このユーザーの多さは、完成された作品=見本の多さと比例します。

コミュニティがしっかりと用意されているごく一部のアプリでは、他の人の作った作品を簡単に見ることができます。

他の人の作品を見ることは教育効果がとても高く、「自分のこんな作品を作ってみたい!」「この作品をこんなふうに改造してみたら面白そう!」というように刺激を得ることができます。

これらの刺激は創造力を高め、プログラミング学習をより継続させます。

このような理由から、アプリを選ぶ段階で、ユーザーの多さ、またコミュニティ(ユーザーの活動の場)の活発さは見逃せない要素です。

子供向けプログラミングアプリ厳選おすすめ3選!

探しているプログラミングアプリが一目で分かる!プログラミングアプリマップ

縦軸を遊び感と勉強感、横軸を難易度や対象年齢としてカオスマップを作りました。

ぜひお子様にぴったりのプログラミングアプリを見つけてください!

私たちのイチオシ!小中学生にはこれで間違いなし!「スクラッチ(Scratch)」「スクラッチジュニア(Scratch Jr)」

費用 無料
対象年齢 5歳~7歳(Scratch Jr), 8歳~(Scratch)
こんなお子様におすすめ ・プログラミングを初めて体験する小学生のお子様
・モノづくりが好きなお子様
・いろいろなゲームで遊んでみたいお子様
おすすめ度 ★★★★★
口コミ

HPはコチラから!

スクラッチ(Scratch)

Google Play で手に入れよう

※iOS版はありません

スクラッチジュニア(ScratchJr)

Google Play で手に入れよう

ログラミング教室MYLABが、小学生、中学生のプログラミング初学者、初心者に自信を持って一番おすすめするのは、「スクラッチ(Scratch)」です。

おすすめする理由は、

1.遊び感覚で楽しめる
2.幅広い年齢に対応している
3.巨大なコミュニティ

という前述した3つの基準をすべて満たし、圧倒的なシェアを誇っているからです。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.遊び感覚で楽しめる

スクラッチには、前述した「勉強させられている感」が全くありません。スクラッチを初めて開いた時も、最初から自由に遊ぶことができます。

他の人が作ったゲームをやってたり、自分でゲームを作ってみたり、はじめてスクラッチをやってみるお子様の最初の行動は十人十色です。

ご存じの方も多いと思われるゲーム。
遊んでいるだけでも楽しい。

それでは野放しにしすぎて、なにもできずに終わってしまうのではないか、と考える方もいるかもしれませんが、しっかりと(かなり作りこまれている)チュートリアルも用意されています。

チュートリアルが必要だと感じたお子様は、チュートリアルにそって使い方・遊び方を一人で学んでいきます。

また、遊び感覚で楽しめるからと言って、深くプログラミングが学べないわけではありません。スクラッチで作られた作品の中には、大手ゲーム制作会社が作った名作のオマージュがあったり、いろいろなスマホゲームが再現されてたりなど、とても完成度が高い作品があります。

簡単な作品ももちろん作れますが、熱意さえあれば、とてもレベルの高いこともできます。

2.幅広い年齢に対応している

前章で解説した通り、プログラミングの学習度合いや発達段階に合ったアプリを選んであげる必要があります。

スクラッチの公式対象年齢は8歳~です。また、8歳未満の年齢のお子様に向けて、「スクラッチジュニア(Scratch Jr)」というアプリもあります。

※注意※
スクラッチはPC専用アプリです。また、スクラッチジュニアはタブレット端末専用アプリです。
サードパーティ製のアプリを使用すれば、タブレット端末でもスクラッチを使用することができます。

小学生のお子様でも使いやすいように、「ブロックプログラミング」というプログラミングスタイルを採用しています。これはブロックを疑似コードとし、これらのブロックを組み合わせてプログラムを完成させる、プログラム初学者や子供向けのプログラムスタイルです。

スクラッチのエディタ。 視覚的にブロックを組み合わせてプログラムをつくる。

プログラミング教育で大きな障壁とされているタイピングをほとんど使わないこのスタイルだからこそ、お子様は楽しみながら継続してプログラミングを学ぶことができます。

日本語に対応しているのはもちろんのこと、言語を選択する際には「にほんご」という、すべて平仮名表記のものも選ぶことができます。まだ漢字の学習が十分に進んでいないお子様でも安心ですね。

3.巨大なコミュニティ

前章でお話しした、ユーザーの多さ=コミュニティの大きさについても、スクラッチは非常に優れています。

スクラッチは63種類の言語に対応しており、世界中の様々な教育機関で使用されていることもあり、子ども向けプログラミング学習アプリの中では圧倒的にユーザーが多いです。

さらに、スクラッチでは公式にコミュニティが用意されており、世界中のユーザーが作った作品を投稿しています。コミュニティでは、「注目のプロジェクト」と呼ばれる、スクラッチ運営チームが選んだ優れた作品(プロジェクト)が定期的に選ばれ、多くのユーザーがそれで遊びます。

日々更新される注目の作品たち。
完成度が非常に高く、クリエイティビティに富んだものが多い。

スクラッチには作品を「ライク(いいね)」する機能や、作品にコメントをつける機能も存在し、それが作品を作るモチベーションになっている生徒さんもいらっしゃいます。

スクラッチはアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボという研究所のライフロングキンダーガーテン(生涯幼稚園)グループによって開発されました。
世界中で使用されているのは、プログラミング学習プラットフォームとしてのクオリティはもちろん、開発元の権威性・信用性からかもしれせん。

幼年期からプログラミングを!「ビスケット(Viscuit)」

費用 無料
対象年齢 4歳~
こんなお子様におすすめ ・小さいうちからプログラミングを体験したいお子様
・簡単な操作でプログラミングを体験したいお子様
・まだ文字に慣れていないお子様
おすすめ度 ★★★★☆
口コミ

HPはコチラから!

Download on the App Store

※Android版はありません

未就学や、小学校1年生のお子様が、一番最初に使うアプリで最もおすすめなのが、このビスケットです。

自分の描いた絵を簡単に動かすことができます。

おすすめする理由は、このアプリではプログラムを作る際、一切文字を使わないからです。操作が直感的でシンプルな構造になっているので、文字に慣れていないお子さまでも、お絵描き感覚でプログラミングを学び始めることができます。

ビスケット(Viscuit)のエディタ画面

このアプリの欠点は、シンプルさゆえの「できることの少なさ」です。
絵を動かすこと、絵同士が触れたら変化が起こることの2通りしか動きが作れず、プログラミングを何度もやったことがあるお子様にとってはViscuit(ビスケット)は簡単すぎるかもしれません。

また、ユーザーが少ないため見本が少なく、他の人からインスピレーションをうけづらいという欠点もあります。

iPhoneで使われている言語を体験しよう!「Swift Playgrounds」

費用 無料
対象年齢 11歳~
こんなお子様におすすめ ・文字ベースのプログラミングを体験したいお子様
・iPhoneアプリを作ってみたいお子様
おすすめ度 ★★★☆☆
口コミ

HPはコチラから!

iPadやMacをお持ちのかたで、プログラミングに慣れてきて、文字ベースのプログラミングも体験してみたいお子様にぴったりなのが、Swift Playgroundsです。

おすすめの理由は、Apple社関連製品に用いられ、様々なiPhoneアプリで使用されているプログラミング言語であるSwiftが学べるからです。

Swift Playgroundsのエディタ画面。

しかし、チュートリアルが多く、自由に作品を作れるアプリではないので、はじめてプログラミングを体験するお子様にはあまりおすすめできません。

「iPhoneアプリを作ってみたい!」「文字をつかったプログラミングがしたい!」というお子様にはぴったりのアプリです。

PC vs タブレット

PCとタブレット端末でどちらをお子様に使わせてあげるかお悩みの保護者様もいらっしゃるかもしれません。

MYLABは、お子様のプログラミング学習にはタブレット端末よりもPCの方が良いと考えています。

PCの方がタブレット端末よりもできることが多く、プログラミングの学習をステップアップさせやすいことが理由です。

タブレット端末でのプログラミング学習には限界があります。特に、タブレット端末で文字ベースのプログラミングを学び、知識を定着させるのはとても難しいことです。キーボードを使って実際にコードを書いてみて、初めて身に付きます。

「将来はプログラミングができるようになってほしい」と考えている保護者様は、ぜひPCを使わせてあげてください。

アプリで慣れたら教室でより深く学ぶのがおすすめな理由

今回は、プログラミングをアプリで学ぶ際のメリットとデメリット、プログラミングアプリを選ぶ際の基準、おすすめのアプリを紹介しました。

確かにアプリははじめてプログラミングを体験する分には優れています。しかし、実情として、アプリでプログラミング学習を継続するのはとても難しいことです。

「アプリでのプログラミング学習には十分慣れたので、本格的にプログラミングを学ばせてあげたい」、「アプリで学ぶのに飽きてしまった」というお子様には、プログラミング教室で学ぶのがおすすめです。

プログラミング教室では、独学では学びづらい体系的なプログラミングの基礎を楽しみながら身に着けることによって、知識を定着させ、プログラミング的思考を磨いていくことができます。

当プログラミング教室「MYLAB(マイラボ)」は、お子様の主体性や考える力を引き出します。

お子様の「つくりたい!」「やりたい!」を重視し、それを全力でサポートします。なので、カリキュラムに「正解」を用意していません。

「アプリに飽きてしまったのが、プログラミングは学び続けてほしい!」「本格的にプログラミングを学ばせてあげたい!」とお考えの保護者様は、ぜひチェックしてみてください。