子どもが夢中で取り組む! 楽しさの中で学ぶロボット・プログラミング体験会

MYLABのロボット・プログラミング体験レッスン

東京都の中目黒駅徒歩3分にあるプログラミング教室MYLABでは、お子さまたちが夢中になって楽しんでいただけるロボット・プログラミングの無料体験レッスンをご提供しています。

対象は小学1年生~小学6年生、90分のレッスンで、毎週土曜日・日曜日の「10:30~12:00」と「14:00~15:30」に実施しています。

ブロック遊びや工作、ものを作ることが好きなお子さまにおすすめです!

小学校でプログラミングの学習がはじまったり、テレビでプログラミング学習の番組が放映されたり、AIの発展で仕事がなくなるといった話があったりするので、プログラミングが気になっている方も増えてきていると思います。

そんな方に、ロボット・プログラミングをご紹介したいと思います。ロボット・プログラミングは、物理的に動くロボットをプログラムで動かすことを学ぶものです。自分で作ったプログラムの成果が目に見えてわかるのでわかりやすいという特徴があります。また、ソフトウェア(プログラム)だけでなく、ロボットそのものを作ることができるということも魅力です。

特に、ブロック遊びや工作、ものを作ることが好きなお子さまに、とてもおすすめです。

プログラミング教室MYLABでは、教育版 レゴ® マインドストーム® EV3というロボットを使ったロボット・プログラミングの体験会を実施していますが、これを例に、ロボット・プログラミングの魅力についてお伝えしたいと思います。

体験レッスンの詳細

MYLABのロボット・プログラミング体験会では、車型のロボットを目的とした位置にミリ単位で正確に移動させるミッション(課題)のクリアに挑戦して頂きます。

体験会の進行としては、まず自分だけのオリジナルロボットを組み立てることからスタートし、完成したロボットを制御するプログラムを作成していきます。

STEP1:オリジナルロボットの制作

ブロックを使って、自分だけのオリジナルロボットを制作します。家にブロックがたくさんあって、普段からブロック遊びをしているお子さまのほとんどは、特にこの工程が楽しく、熱中していただけます。

また、普段ブロック遊びをしないお子さまは、最初はとまどうこともあります。そんなとき、私たちは、「手で考えよう!」とお伝えしています。つまり、「どういうものを作ろうか?」と頭で考えるのではなく、適当に部品をつけたり外したりしてみることをおすすめします。

例えば、たまたまつけた細長い部品が角に見えてきて、そこから「昆虫のようなロボットにしたどうだろう?」というアイデアがわいてくることがあります。すると、突然創作意欲がわいてきて、ロボットの制作に夢中になっていくお子さまが多くいらっしゃいます。

ロボット・プログラミング体験会を実施していてつらいのは、このロボット制作の制限時間をお伝えするときです。ほとんどのお子さまが「まだやりたーい!」といって、ブロックから離れようとしません。ブロックにはこのような、お子様たちの創造性をかき立てる力があることを日々実感しています。

STEP2:プログラムを開発しミッションをクリアする

MYLABの体験会では、作成したオリジナルの車型ロボットを、目的とした位置に移動させるミッション(課題)に挑戦します。ミッションをクリアするには、たくさんの工夫する余地が存在しています。左右のタイヤを動かすモーターの出力(パワー)、モーターを動かす時間をプログラムで制御することができます。

しかし、体験会では、最初はモーターを動かす時間を変更できることしかお伝えしません。すると、時間を少しずつ調整して次第にゴールに近づいていきます。およそ5分~10分ほどでほとんどのお子さまがほぼゴールというところにたどり着きます。

ここで、さらなる問いを投げかけます。これまでに取り組んだお子さまたちの記録を提示し、相当な精度(ミリ単位)でロボットを制御してゴールした人がいることを伝えます。

これを実現するためには、実は、左右のモーターの出力をそれぞれ制御すると有利になるのですが、すると今度はモーターを動かす時間も変更しなければいけなくなります。

こうしたプログラムは複雑で、難しいように思いますが、これまでたくさんの体験会を実施した経験から、少しのサポートがあればほとんどのお子さまが仕組みを理解し、ゴールに向けて取り組むことができるようになります。

そして、自分よりよい記録を出しているお子さまがいることがわかると、その記録を超えようと、どんどん夢中になっていきます。プログラムを変更しては動かし、動かしてはプログラムを変更する試行錯誤を繰り返す中で、お子様たちはどんどんのめり込んでいきます。

わたしたちMYLABは、この夢中で取り組むプロセスが、プログラミングの学習の醍醐味であり、学びを深める最も重要な要素だと考えています。プログラムの仕組みを最初から教えて、模範解答に導いていくこともできますが、その場合、お子様たちはそこまでプログラミングにのめり込むことはありません。自分で試行錯誤し、自分なりのやり方を試す時間が必要で、その時間がプログラミングの学びを深めるために決定的に重要だとわたしたちは考えています。

 

【プログラムの例】

 

一人ひとりことなる取り組み方法

これまでたくさんのお子さまを見てきましたが、お子さまによってミッションクリアのためのアプローチはさまざまです。

まるで科学者のように、ミリ単位の調整を粘り強く繰り返すお子さま。

機体の重心を下げて、動きが安定するようにロボットの改造に取り組むお子さま。

本当に、一人ひとりそのアイデアによって、ミッションをクリアする方法はさまざまです。そして、自分自身で考えた方法でミッションをクリアしたお子さまたちは、達成感とともに、プログラミングの深い学びを身につけます。

また、お家に帰ったあと、お子さまが熱心に体験会でやったことをお話されていたとお知らせいただくこともたくさんあります。一見活動の様子を見ていると、お子様たちがまるで遊んでいるように見えますが、その過程で、実はプログラミングを深く学ぶことができています。

これが、ロボット・プログラミングの一番の魅力です。自分で思い描く理想の動きをロボットにさせることを通じて、ものづくりの面白さを知りながら、「もっとこんな風にロボットを動かしたい!」という思いを形にする中で、創造性と自主性が育まれます。

ロボット・プログラミングで子どもたちが得られる3つのメリット

改めて、ロボット・プログラミングで子どもたちが得られるメリットを整理してみると、以下に3つとなります。

・ITを駆使したモノづくりの面白さ・楽しさを知ることができる

・子どもの中にある創造性と自主性を育むことが出来る

・プログラミングが好きになる、ITが得意だという自信がつく

ロボット・プログラミング無料体験会の参加方法

こんな体験を、ぜひ多くのお子様たちに経験して頂きたいと考えています。
中目黒の教室で随時体験会を受け付けておりますので
参加希望の方はぜひ以下のフォームより、お申込みをお願い致します。
後ほど担当者より日程調整のご連絡を差し上げます。