コラム

大学入試で出題されるプログラミングの技術を問う問題のサンプル

2022年度現在、高校1年生の生徒が大学受験をする際、大学入学共通テストでプログラミングを含む「情報I」が、出題されるようになります。

入試問題の検討を行っている大学入試センターは、問題の検討状況を公開しています。

現在公開されている情報Iの最新のサンプル問題では、添付のように、大問2がプログラミングの技能を問う問題になっています。

特定のプログラミング言語を学んだ生徒が有利にならないように、どんなプログラミング言語を学んだとしても、解くことができるように問題が設計されています。

「配列」という概念を扱った比較的基礎的な内容ではありますが、プログラミングの経験がない生徒にとっては、難しく感じる内容でしょう。

対策には時間がかかるので、自分の志望校で情報Iの扱いがどうなるのかはやめに確認し、対策をはじめることがのぞまれます。

情報Iのサンプル問題

 

ABOUT ME
柿沼 功
MYLAB事業責任者。経営学修士(MBA)。株式会社明光ネットワークジャパンにて、明光義塾のeラーニングシステム開発・運用の責任者をつとめ、2020年2月よりMYLAB事業に従事。