コラム

Unityをインストールしてゲーム作りを今すぐ始めよう!

みなさんこんにちは!MyLabスタッフの福田です。今回は、Unityのインストール方法について紹介していきます。Unityについては、こちらの記事に詳しく書いているので、ぜひこちらも合わせてご覧ください。

UnityHubをインストールする

  はじめにUnityHubをインストールしましょう。UnityHubはUnityのバージョンやスマホアプリなどを作るために必要なパッケージなどを管理することができるソフトです。

 以下のURLからUnityのWebページへアクセスし、UnityHubをダウンロードしてください。

 https://unity3d.com/jp/get-unity/download

【Unityのダウンロード】

 ボタンをクリックするとダウンロードが始まります。これでUnityHubのダウンロードは終了です。次は、UnityHubを起動して、Unityをダウンロードしていきましょう。

 下の画像はUnityHubを開いた時のスクリーンショットです。左側にある「①インストール」をクリックし、「②インストール」を押してください。

クリックするとインストールするバージョンを選択する画面が表示されるので、最新正式リリース内の「LTS」がついているバージョンを選ぶことをお勧めします。このLTSがついているものはついていないものよりもサポート期間が長く、最新版よりも動作が安定しているためです。バージョンを選択したら「次へ」ボタンをクリックしましょう。

 次は、追加モジュールの選択と言語設定の画面が表示されます。Deb tools欄に「Microsoft Visual Studio Community」と表示されている場合はチェックを入れ、ダウンロードすることをお勧めします。このVisual Studioは統合開発環境と呼ばれ、プログラム内の間違いや入力補完機能があり、プログラミングをスムーズに行うことができます。既にVisual Studio Codeなどの統合開発環境が入っている場合はインストールする必要はありませんが、既存の統合開発環境にUnityを接続する設定を行う必要があります。

 Platforms欄では、Unityをスマホやパソコンのアプリとして出力するために必要なパッケージを選択し、インストールすることができます。このパッケージは後からダウンロードすることも可能なので、ここでは全てのチェックを外しておきましょう。

 Language Pack欄では日本語パッケージを選択することができますが、プログラミングを紹介しているサイトの多くは、英語表記のまま解説しているため、英語のまま使用することをお勧めします。

 全ての項目をチェックしたら、実行をクリックしてください。

実行をクリックするとダウンロードが始まります。青いスライドバーが左側まで進めば、ダウンロードは完了です。

アカウント登録・ライセンス認証

ダウンロードが終了したら、アカウント登録とライセンス認証を行う必要があります。まずは、右上の「①人型アイコン」をクリックし、「②サインイン」をクリックしましょう。

クリックするとサインイン画面が表示されるので、中央部にある「IDを作成」をクリックしてください。クリックするとアカウント作成画面が表示されるので、画面の指示に従って情報を入力してください。入力後Unityのアカウント作成ボタンをクリックすると、登録したメールアドレスにアカウント作成確認メールが届くので、メール内のリンクをクリックし、認証してください。

アカウント認証後、UnityHubに戻るとライセンスがありませんと表示されています。この画面の右上にある「手動での認証」をクリックし、ライセンス認証を行いましょう。

クリックすると手動での認証手順が表示されるので、画面の指示に従い「①ライセンスリクエストを保存」クリックし、ライセンスリクエストファイルをダウンロードしてください。このファイルは、次の操作で使用するので、デスクトップなどわかりやすい位置に配置してください。ダウンロード後、②のリンクをクリックしてください。

クリックするとライセンスリクエストのアップロード画面が表示されます。「Browse」をクリックして、先ほどダウンロードしたファイルを選択し、「Next」をクリックしてください。

 この画面ではUnityライセンスの種類と利用目的を選択します。まず「Unity Personal Edition」を選択してください。次に英語の場合は「I don’t use Unity in a professional capacity」を、日本語の場合は「Unityを個人で利用します」の旨が記載されている項目を選択し、「Next」をクリックしてください。

これでライセンスファイルをダウンロードできるようになりました。「Download license file」をクリックし、先ほどと同じように保存してください。

保存後UnityHubへ戻り、手動での認証画面で「次へ」をクリックします。するとライセンスのロード画面が表示されるので、画面中央部の「・・・」をクリックし、先ほどダウンロードしたライセンスファイルを開きます。

正常に終了すると、下の画面のようにライセンスの情報が表示されます。これでライセンス認証は完了です。

これでUnityのインストールは完了です、お疲れ様でした!