コラム

レゴ®でプログラミング!レゴ®がおすすめの理由や教育効果、おすすめのキットを紹介!

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化され、お家でプログラミングを学ばせてあげたいと考えている保護者様も多いのではないでしょうか。

そんな中、教育現場で注目されているのが、レゴ®エデュケーションのレゴプログラミング教材です。導入実績も多数で、小学校やプログラミング教室から大学まで、幅広い教育機関で導入されています。

そこで今回は、レゴがプログラミング導入におすすめの理由や教育効果、年齢別おすすめキットを紹介します。
教材については、小さなお子さまでも楽しめるものから、本格的なロボティクス教材までありますので、適した教材を判断する参考になればと思います。

なぜプログラミング導入にレゴがおすすめ?理由を解説!

誰でも一度は聞いたことのあるレゴ。保護者さまで、小さいときにレゴで遊んだことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

レゴ®エデュケーションのプログラミングキットでプログラミングを始めれば、ブロック遊び感覚でプログラミングを学んでいくことができます。

実際に「パソコンの画面で何かを操作するよりも、ロボットを作るなどのブロック遊びが好き」というお子さまが多いように見受けられます。

はじめからパソコンの画面の中で何かを操作したり、文字を読んだりということに抵抗があるお子さまには、レゴのプログラミングキットでプログラミング学習を始めるのはおすすめの方法です。

レゴ®エデュケーションのプログラミング教材にはどんな効果があるの?

1. 発想力が高まる!

レゴは組み立て図が付属していることが多いですが、「こんなロボットが作りたい」「こんなふうに改造してみたい」などの発想を自由に表現することができるツールです。

お子さまの自由な発想をそのまま形にすることができ、さらにそれを動かすことができるので、お子さまの発想力を高めます。

 

2. STEAM的課題を解決!

解決するに課題によってロボットを作り変えたり動きを変えたりして試行錯誤していく過程は、まさしく今注目の「STEAM」的な過程であると言えます。

いろいろなことを手を動かしながら、トライ&エラーで解決していく力(仮説検証能力)を養うことができます。

 

3. 可能性が広がる!

レゴのプログラミングキットで学べることは、IoT関連や組込みシステム、ロボティクス等、様々なプログラミング分野に派生します。

各分野の高レベルな内容にステップアップすることで、お子さまの将来の可能性を大きく広げることができます。

 

年齢対象別レゴ®エデュケーションのプログラミング教材

 

デュプロ®プログラミングトレイン

対象 幼稚園生・保育園生
参考価格 34,257円
基本セットパーツ数 234
センサー カラーセンサー
動作環境 iPad, Android(タブレットのみ)

線路とブロックを組み合わせて、付属のセンサーを使って遊ぶことができるデュプロ®セットの一つです。他のデュプロ®セットと異なり、ブロック遊びだけでなくプログラミング的思考を学ぶことができるのが特徴です。
手で電車本体を軽く押し出すだけで動き出す仕組みで、簡単な操作が可能になっています。ブロックを使って手を動かしながら、パソコン等の端末を使わずにプログラミング学習ができます。
他のおもちゃでもあるような、レール等を組み立てて列車を走らせたり、進行方向を変えたり、警笛を鳴らしたりという遊び方に追加して、「アクションブロック」と呼ばれる命令を出すブロックを線路内に配置することで、順番付け、ループ、条件好きコード、原因と結果など、プログラミングの基礎的な概念を学ぶことができます。
無料の専用アプリでは、「旅」「キャラクター」「音楽」「算数」という4つのコースが設定されていて、それぞれ課題を解決するためにパーツを組み合わせて遊ぶことで問題解決能力も身につきます。

小学校に入る前のお子さまで、初めてプログラミング関連のおもちゃの購入を検討されている保護者様にはぴったりの教材になっています!

 

レゴ® WeDo2.0

対象 小学生
参考価格 26,524円
基本セットパーツ数 280
センサー カラーセンサー、ティルトセンサー、音センサー
動作環境 Windows10, Mac, Chrome book, iPad, Android(タブレットのみ)

様々なパーツを組み合わせロボットを組み立てて、制御プログラムを作成することで遊びます。
プログラミング画面には「文字」がなく、言語環境に左右されずプログラミング体験が可能です。
一般的なレゴブロックに加えて、歯車やボルトなどの機械部品が加わり、よりロボティクス的な要素が増えています。それらの部品を使ってロボットを組み立てたのちに、そのロボットを制御するプログラムをアプリを使用して作成します。
機械部品、モーター、センサー等、身近な機械製品にも取り入れられている要素を実際に自分で触ることで、身近なものの動きの仕組みに興味を持ったり、理解したりする力が身につきます。

デュプロ®プログラミングトレインからレベルは上がりますが、小学生でロボットに興味があるお子さまには、楽しめてロボティクスやプログラミングを学ぶことができる良い教材となっています!

 

レゴ® エデュケーション SPIKE™プライム

対象 小学生(高学年)~
参考価格 50,380円
基本セットパーツ数 528
センサー カラーセンサー、距離センサー、フォースセンサー
動作環境 Windows10, Mac, Chrome book, iPad, Android(タブレットのみ)

SPIKE™プライムは、今回紹介する教材の中では2020年1月リリースと一番新しく、STEAM教育を重視した教育現場に特化した教材です。
多彩なブロックや歯車は、子どもたちの自由なアイデアを基にした設計や開発を促進します。制御システムにはScratchベース(ブロックを組み合わせてプログラムを作成するブロックプログラミング)のプログラミングを採用しています。
問題解決型の学習で楽しみながら実社会で役に立つ能力を育成します。
プログラミング言語Pythonにも対応しており、文字ベースのプログラミングを経験することもできます。
また、新しい中学校の技術の授業の学習指導要領に最適な教材になっており、これから教育現場での導入も増えていくことが予想されます。

小学生ですでにプログラミングを学んだことがあったり、ロボットが好きなお子様にはぴったりです!レゴ® WeDo2.0よりも本格的なロボティクス教材と言えるでしょう。

 

教育版レゴ® マインドストーム® EV3

対象 小学生(高学年)~
参考価格 56,175円
基本セットパーツ数 541
センサー カラーセンサー、超音波センサー、ジャイロセンサー、タッチセンサー
動作環境 Windows7, Windows8.1, Windows10, Mac, Chrome book, iPad, Android(タブレットのみ)

今回する教材では一番レベルが高く、できることの幅も広くなっています。詳細なプログラムやメカニズムを組み立てることができる実践的ロボティクス教材です。
レゴ社とMITマサチューセッツ工科大学の共同開発によって生まれた教材で、そのクオリティから、世界90ヵ国での採用実績があります。
Python, C++, JaveScriptなど、文字ベースのプログラミングに対応し活用の幅が広がったことで、より本格的なプログラミング学習が可能になっています。
文面での教材も豊富で、飽きずに遊ぶことができる上、ロボットの大会もあり、よりディープに学習することもできます。

これまでに紹介した教材に飽きてしまったお子さまにはぴったりの教材です!

最後に

子ども向けプログラミング教室・MYLAB(マイラボ)では、これから学び始めるお子さまを支援させていただくために、公式LINEから様々な情報を発信しています!

公式LINE

公式LINE登録はこちらから!