中目黒駅徒歩3分でオンラインも可能。
お子様に合ったカリキュラム無料相談対応

コラム

【無料ローマ字入力表ダウンロード!】小学生のタイピング練習方法

本ブログを運営するプログラミング教室MYLABでは、よく保護者の皆様からいただくご質問がいくつかございます。

その一つが、「小学生のうちからタイピングの練習をしておいた方がよいですか?」というものです。

結論としては、小学生のうちからタイピングの練習をするべきです。なぜなら、タイピングができないことで、学習が進まない、もしくは、学びの進度が遅れることがあるからです。

この記事では、教室での経験をもとに、「タイピングの練習はいつから始めるべきか?」「どうやって練習すべきか?」などについて解説します。

無料のローマ字入力表(PDF)もダウンロードできますので、ぜひご覧ください。

小学生もタイピングの練習をすべき

プログラミング教室を運営している経験から、タイピングの練習をすることをおすすめします。

なぜなら、タイピングできないことが障害となって、学習が進まない、もしくは、学びの進度が遅れることがあるからです。

例えば、本ブログを運営するプログラミング教室MYLABでは、小学5年生以上を対象に、テキストコーディングのコース(Unityを使ったゲーム制作)をご提供しています。

このコースを学びはじめるときに、ある程度英語とタイピングができないと、進度が遅くなることがあります。

また、小学生がプレゼンテーションや文書をつくる機会が増えていますが、タイピングができるとそれだけで有利になることがあります。

タイピングの練習をはじめるならいつから?

小学生であれば、いつからタイピングの練習をはじめてもよいでしょう。

ただし、最初から1分間に百文字以上入力できるようになることを目標とはせずに、少しずつ文字を入力することに慣れていくとよいでしょう。

目安としては、小学4年生〜小学5年生くらいまでに、1分間に30文字以上入力できるようになっておくと、プログラミングや文書作成、プレゼンテーションスライドづくりなど、ほとんどの作業を大きな問題なくすすめることができるはずです。

小学生におすすめのタイピング練習方法

小学生がタイピングのトレーニングをする場合、あまり特別な練習は必要ありません。

「パソコンやWebサイトに自分でログインする」「Scratchなどを使ったプログラミングを行うときに数字や文字を入力する」「パソコンを使って文書作成する」など、少しずつタイピングの機会を増やしていけば、自然とできるようになっていきます。

どうしてもすぐにタイピングスピードを上げる必要がある場合は、後ほどご紹介する無料のサイトなどを利用するとよいでしょう。

「かな入力」と「ローマ字入力」どちらではじめるべきか?

学校でローマ字を習っていない子どもでも、ローマ字入力を練習すべきと考えています。理由は、以下の2つです。

  1. かな入力はいつか使わなくなるので、いずれ無駄になってしまう
  2. 学校でローマ字入力を習っていなくても、慣れればできるようになる

私たちの教室では、1年生からローマ字入力を行います。

最初は少し苦労しますが、ほとんどの子どもがすぐに慣れてできるようになる姿を見ているので、最初からローマ字入力でスタートしても問題ないと考えています。

【無料ダウンロード!】「ローマ字入力表」を差し上げます!

はじめてタイピングを行うお子さまは、ローマの字入力の仕方と指の使い方を理解する必要があります。

指の使い方やローマ字入力表を手元において練習すると便利です。

下のリンクからMYLABオリジナルの「キーボードの配置と指の使い方・ローマ字入力表」のPDFをダウンロードできますので、ぜひご活用ください!

ローマ字入力表の無料ダウンロードはこちら

タイピングの練習が無料でできるおすすめサイト3選

すぐにタイピングスピードを上げたいという方のために、タイピングの練習が無料でできるおすすめサイトを3つご紹介します。

プレイグラム タイピング™

プレイグラム タイピングの特徴は、指の使い方が画面に表示されるので、はじめてタイピングの練習するお子さまにおすすめです。

画面の指示にしたがって指を動かしながら、タイピングの練習をすることができます。

 

寿司打

寿司打は、ゲーム感覚でタイピングの練習ができるサイトです。ゲーム性があって、子どもたちが楽しく続けられるのが特徴です。MYLABでも、休み時間に子どもたちが友達と競争しながら自主的に遊び感覚で寿司打でタイピングを行っている姿を見かけます。

myTyping

myTypingは、文章をタイプする練習を行うことができるサイトです。入力するキーが表示されるので、次に何をどのキーを入力すればよいのかわかりやすいのが特徴です。

タイピングを使ってプログラミングやプレゼンテーションを学ぼう!

タイピングができるようになると、プログラミングやプレゼンテーションづくりを学ぶときにとても有利です。

タイピングができるようになったら、ぜひ挑戦してみるとよいでしょう。

プログラミング教室MYLABでは、プログラミングやプレゼンテーションをつくるコースをご提供しています。

ご興味がある方は、ぜひあわせて下記の記事もご覧ください。