マインクラフトはなぜ小学生向けプログラミング教育にいいの?

プログラミングは大人になってからも学べますが、子供のころからプログラミング教室などで学ぶことで多くのメリットがあります。自分の子供に学ばせようと思っても、専門的な内容は難しすぎて低学年の子供には無理だろうと感じるかもしれません。そんな方には、マインクラフトというゲームで楽しくプログラミングを学ぶ方法がおすすめです。

マインクラフトは子供主体!プログラミング道具の一つ

マインクラフトは子供主体!プログラミング道具の一つ

マインクラフトはサンドボックスゲームという分類であり、ブロックで構成された世界で建築したり、洞窟や大自然を冒険したりと自由気ままに楽しめるゲームです。ボスとなる敵は存在するものの、目的が決まっているわけではなく、ストーリーがあるわけでもありません。

マインクラフトをプログラミング教材として使用する国もあり、教育版もリリースされています。通常版とは異なり、英語や理科などのレッスンを受けることや、子供同士で協力して一つの物を作りあげるといったことも可能です。

このゲームでは、「次に何をするか」「家を造るために何が必要か」など、プレイヤー自ら目的を考え行動していくことが求められます。こうして試行錯誤を繰り返すことで、プレイヤーである子供に自主性が生まれ、プログラミングの基礎となる論理的思考が養われるのです。

これまでのICT教育では、プログラミングを学ぶことが目的とされ、そのために必要なパソコンやソフトウェアなどのツールを理解するという考え方が一般的でした。しかし、マインクラフトを用いた教育でのプログラミングは、マインクラフトの中でプログラミングを利用して何かを作るという、あくまでツールとしての役割を持ちます。学ぶための手段としてプログラミングがあるという点が、従来の教育と大きく異なる点です。

マインクラフトの魅力を考えよう

マインクラフトの魅力を考えよう

小学生にも人気のゲームであるマインクラフトは、自由度が高く様々な魅力が詰まっています。東京だけでなく各地のプログラミング教室においても、ゲームの特徴を活かして教育に活用されているのです。

マインクラフトは、「これから何をすべきか」「どこに向かえばいいのか」といった説明もなく始まります。何もしなければ襲われてしまう「サバイバルモード」でも、まっさらな世界で何かを作る「クリエイティブモード」でも、「自ら考えて行動する」ことが求められるのです。

答えを求めて自分でどうするべきか調べたり、詳しい人に聞いたりといった、主体性が生まれます。自ら学びを得る、判断力や論理的思考力がゲームを通して自然に養われるのがマインクラフトの魅力の一つです。

「家を建てる」「村をつくる」などの建築物や便利な装置を作ることもでき、使用する素材や形などで個性が表れます。同じものを作るとしても、子供のオリジナリティが発揮され、創造力や発想力が培われるのです。

ゲームのプラットフォームは多岐に渡りますが、パソコンでプレイすることでキーボード操作やマウス操作にも慣れ、パソコンの基本操作が身に付きます。教育版やバージョンの違いによっては、英語が必要となる場面もあるため、アルファベットや英単語の習得にも役立つのです。

東京で小学生向けのプログラミング教室をお探しなら

マインクラフトは、サンドボックスゲームの一種で、特に目的やストーリーがあるわけでもなく自由気ままに楽しめるゲームです。
ゲームとして楽しむことはもちろんですが、最近では小学生向けのプログラミング教材としても注目されています。ゲームをしながらプログラミングを学べるため、子供たちが興味を持って取り組めるのです。

東京で小学生向けのプログラミング教室をお探しでしたら、ぜひMYLABへお問い合わせください。MYLABは、子供が「創ること」と「楽しむこと」を大切にしています。ただ知識としてプログラミングを教えるのではなく、マインクラフトなど興味を持てる教材を活用して、子供が楽しく学べるカリキュラムを用意しています。

無料体験授業も開催しておりますので、ぜひお気軽にご利用ください。

東京で小学生の習い事をお探しならプログラミング教室のMYLAB

屋号 MYLAB(マイラボ)
運営会社 株式会社明光ネットワークジャパン(東証プライム 4668)
スクールマネージャー 楠田 健介・出射 寛人
教室電話番号 03-3760-5252
メールアドレス info@my-laboratory.jp
郵便番号 〒153-0051
教室住所 東京都目黒区上目黒3丁目6–18 TYビル6階
URL https://my-laboratory.jp/